D5500に液晶保護フィルムが必須の理由

D5500に液晶保護フィルムが必須の理由

スマホと同じ操作性?タッチパネル式のニコンD5500

D5500

 

D5500は液晶画面がタッチパネル式になっているニコンの一眼レフカメラだ。
このタッチパネルはピント操作も可能となり、さらに写真のプレビューではスマホと同じような操作で拡大とスワイプができる。

 

これは非常に便利な機能だ。
一眼レフカメラを初めて所有するとしても、D5500ならスマホで写真を撮り慣れたユーザーであれば、何の苦も無く撮影ができるようになるだろう。

 

そういった点でもD5500は一眼レフのエントリー機として人気が高いのは理解できるだろう。

 

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5500 ダブルズームキット

一眼レフ購入時、カメラ本体以外にも必要になるアイテム保護フィルム

D5500

タッチパネルということであれば、液晶保護フィルムは必須だ。
ただでさえデリケートな液晶画面をカメラ操作時に頻繁に触ることになるのだ。

 

指紋や指の汚れなどもつきやすいし、ヘタをすると液晶画面に傷をつけてしまう恐れもあるだろう。
ちなみにスマートフォンなどと同様、本体を購入しても保護フィルムの類いはついてはこないので、カメラ購入時に液晶保護フィルムを同時購入するべきだ。

 

D5500の場合はほかのメーカーのものよりも、やはりニコン純正のD5500用液晶保護フィルム NHDFL5500が信用に足るだろう。

 

全般に高価なメーカー純正品だが、保護フィルムに関してはさほど値が張るというわけでもないので安心して同メーカーでそろえてほしい。

 

保護フィルムなどなくてもかまわないと感じる人もいるかも知れないが、実際に指先で操作する画面で撮影した写真のできばえもチェックすることとなる。

 

指紋などで汚れた画面ではどんな写真も綺麗には見えないだろうから、小物ではあるがきちんと用意しておきたいアイテムである。

 

一眼レフのデジタルカメラを使用して写真を撮りたいとき、購入するべきものはカメラ本体のみにとどまらない。
いまはカメラや写真にあまりくわしくない人でも一眼レフカメラを使用して撮影をすることはめずらしくない。

 

旅行に行くなどの機会に限らず、日々の暮らしをきれいな写真や動画に残したいと考える人は多いだろう。
だが、カメラ本体だけを購入すればそれで快適に写真撮影ができるというわけではないことはおぼえておきたい。

 

Nikon D5500用液晶保護フィルム NHDFL5500

 

ニコン純正液晶保護フィルム

反射防止加工で映り込みしにくくなっています

タッチパネルの感度が落ちません

 
トップへ戻る